博多もつ鍋のお話

正月休みを利用して、九州旅行に行ってきました。

博多で一番びっくりしたのが、博多空港から博多の中心部まで約10分くらいで行けるという事だ。

これは本当にびっくりしました。こらなら博多は発展するのは当然だと思った。

しかし私は本当に飛行機が嫌いだという事がわかった。

あんな重たいものが空を飛ぶわけがない。そういう思いがいつもある。

離陸の瞬間から着陸の瞬間まで「間違いなく落ちる。ああ、それなりに良い人生だったかもしれないけど、もっともっと長生きしたかった。」と考えていた。

バードストライクや、隕石の落下、機械の故障が必ず起こるに違いないと思ってしまうのだ。

今回も落ちないで本当によかった。。

博多ではとある有名な居酒屋さんに行った。お刺身などもおいしかったが、なんといってもびっくりしたのが「もつ鍋」であった。

私は当然のように、「もつ鍋、2人前からですよね。」と聞くと、「いえ、もちろん1人前からできますよ。」と答えてくれた。

私は腰が抜けそうなくらいびっくりした。

もつ鍋を1人前から注文できるのですか???

東京では見たことも聞いたこともないぞよ。

しかし、冷静に考えたら、ふと思った。

2人前からしかできないなら、「それを1人前と言えよな。」と。(笑)

博多もつ鍋

博多では結構地元の人に有名な八ちゃんラーメンを食べた。

とてもおいしかった。博多では何回かラーメンを食べたが、地元の博多ラーメンやに勝てるところはなかった。

おいしいものは、もしかしたら、全て都会で食べられるのだと思った。

八ちゃんラーメン

帰りの飛行機の中はエアコンがとてもよく効いていて快適ではあったが、やはり怖かった。

着陸した後私は心の中で言った。

「飛行機がそんなに簡単に落ちるわけないよな。」と。(笑)

おしまい。

コメント


認証コード3229

コメントは管理者の承認後に表示されます。