交通違反のお話

先日、交通違反をしてしまいました。

信号無視です。

場所は、246の青山学院の交差点です。知る人ぞ知る、交通違反スポットです。

この状態で私は左折してしまいました。しかし、右折ならともかく、左折がダメとは思いませんでした。

画像の説明

しばらくするとこのように変わります。

画像の説明

これって、なんのための信号なのでしょうか?日本中に横断歩道はあり、そこに歩行者は歩いています。

もしもこの信号が本当に必要ならば、日本中の信号をこの方式に変えるべきです。

ほとんどの信号では、普通に歩行者を注意しながら左折できるのに、わざわざここだけ、歩行者優先って。。。。

そもそも、どこでも歩行者優先ですよ!

この日は、一度きりのフィルター清掃の現場様がはいり、どうしても246から左折で行かなければなりませんでした。

料金が9400円でした。

そして、罰金が9600円。。。。。。

あ〜あ〜。

まあこれで慎重に運転しようと思うようになりましたので、もしかしたら事故を起こしていたかもしれない未来を回避できたと良い方に考えるようにします。

私は、基本的にアメリカ方式の左折可(アメリカでは右折可)の方が、大幅に渋滞が緩和され、また、事故も減ると思っています。

だって、赤の場合、歩行者も渡れませんので、前だけ見て左折すれば、絶対に歩行者を事故に巻き込むことがないからです。

青のみの左折ですと、その時歩行者も渡っていますので、その方がよほど、危険な気もします。すべての交差点で左折可にならないかなあ。。。

まあしょうがないですね。

一生懸命、業務用エアコンクリーニングをして、罰金を回収しなければ。。。

おしまい。

コメント


認証コード2729

コメントは管理者の承認後に表示されます。